NEWS

2018年度会員募集中!
2018/2/3(土)~2018/5/13(日)まで募集いたします!
例年とは募集期間が違いますので、ご注意ください
プレミア会員・スペシャル会員は限定数に達しましたので受付を終了いたしました。

『シェイプ・オブ・ウォーター』2018/4/13まで続映決定!

2018/3/31~4/13まで、続映が決定いたしました!
この機会に是非ご鑑賞ください。

『ワンダーストラック』4/22(日)・23(月)の14:25~の回は、バリアフリー字幕付きの上映となります。

バリアフリー字幕とは、高齢者や聴覚に障害のある人のためにセリフや音など、耳から得る情報を字幕にして補足するものとなります。

4/14(土)~
『大映女優祭』開催いたします!

伝説の映画人を輩出した大映を代表する女優たちの傑作を、是非この機会にスクリーンでご覧下さい。
各作品ごとに上映期間が変わりますので、ご確認の上ご来館下さい。
4/13までお得な前売り回数券も好評販売中です!

2018/3/30(金)~4/27(金)の上映作品

『ウィンストン・
チャーチル
/ヒトラーから世界を救った男

2018/3/30(金)~4/13(金)
①10:10~12:20
②15:00~17:10
③18:50~21:00
2018/4/14(土)~4/27(金)
①13:10~15:20
②19:10~21:20

第2次世界大戦勃発後、ナチスドイツの勢いはとどまることを知らず、フランスの陥落も近いとうわさされる中、英国にもドイツ軍侵攻の危機が迫っていた。
ダンケルクで連合軍が苦戦を強いられている最中に、英国首相に着任したばかりのウィンストン・チャーチル(ゲイリー・オールドマン)がヨーロッパの命運を握ることになる。
彼はヒトラーとの和平か徹底抗戦かという難問を突き付けられ……。

2018/3/31(土)~4/13(金)の上映作品

第90回 アカデミー賞
脚本賞ノミネート!

『ビッグ・シック
ぼくたちの大いなる目ざめ

2018/3/31(土)~4/13(金)
①12:45~14:50
②17:20~19:25

パキスタン出身のアメリカ人コメディアン、クメイル(クメイル・ナンジアニ)は、自分が原因で恋人の大学院生エミリー(ゾーイ・カザン)と別れてしまう。
数日後、エミリーが原因不明の昏睡(こんすい)状態になり、クメイルは病院に急行する。
エミリーの母ベスは娘を傷つけたクメイルを嫌うが、ある出来事をきっかけにクメイルとエミリーの両親は打ち解け始め……。

『しあわせの絵の具
愛を描く人モード・ルイス

2018/3/31(土)~4/13(金)
①10:00~12:00
②14:25~16:25

カナダ東部の田舎町で叔母と暮らし、絵を描くことが生きがいのモード(サリー・ホーキンス)は、魚の行商をしているエベレット(イーサン・ホーク)の家で住み込みの家政婦として働き始める。
幼少期にリウマチを患い身内に冷たくされてきたモードと、養護施設で育ったエベレットは互いを認め合い、やがて夫婦になる。
ある日、モードの絵の才能を見いだす女性が現われ……。

『聖なる鹿殺し
キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

2018/3/31(土)~4/13(金)
①12:10~14:15
②16:35~18:40

心臓外科医のスティーブン(コリン・ファレル)は、美しい妻(ニコール・キッドマン)と二人の子供と一緒に郊外の豪邸に住んでいた。
しかしある少年(バリー・コーガン)を家に招いたことをきっかけに、子供たちが突然歩けなくなり目から赤い血を流すなど、異変が起こり始める。
スティーブンは、究極の選択を強いられることになり……。

『ゆれる人魚』

2018/3/31(土)~4/13(金)
①19:35~21:10

海から現れた美しい人魚の姉妹が、1980年代をほうふつさせるナイトクラブを訪れる。
セクシーかつワイルドな彼女たちは、一躍スターになるが、一人が美形のベーシストに恋をすると、姉妹の仲はたちどころに悪化し……。

2018/3/1(木)~4/13(金)の上映作品

『シェイプ・オブ
ウォーター』

続映決定!
2018/3/31(土)~4/13(金)
①12:30~14:40

1962年、米ソ冷戦時代のアメリカで、政府の極秘研究所の清掃員として働く孤独なイライザ(サリー・ホーキンス)は、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と共に秘密の実験を目撃する。
アマゾンで崇められていたという、人間ではない“彼”の特異な姿に心惹(ひ)かれた彼女は、こっそり“彼”に会いにいくようになる。
ところが“彼”は、もうすぐ実験の犠牲になることが決まっており……。

イベント・特集
おしらせ

サールナートホール/シネ・ギャラリーでは、通常の上映とは別に、イベントや特集を開催しております。
是非ご参加ください!

2017/6/30(金)をもって、ミユキアオイパーキングは営業を終了いたしました。
以降は当館西隣NDP松坂屋前駐車場、中西ガレージをご利用ください

静岡シネ・ギャラリー

〒420-0857 静岡市葵区御幸町11-14
サールナートホール3階

054-250-0283 (劇場直通)

アクセス・地図