2021年下半期 京都学講座
「洛中洛外の寺社をめぐる」



京都という場所は、沢山の寺社仏閣が立ち並び、時代の栄枯盛衰を見守りながら今日まで日本や京都の文化に大きな影響を与え続けてきました。
今回は京都にある洛中洛外の寺社を取り上げ、歴史・文化・宗教・美術などから京都の面白みを学びましょう。

※新型コロナウイルスの影響により、開催が流動的となっております。
開催日の3日前までには開催の有無を決定し、こちらに掲載いたしますのでお手数ですがご確認ください。
何卒宜しくお願い致します。

講座概要

日時 2021/10/16(土)~2022/3/19(土)(12月は休会)
講師 花園大学(京都)教授・歴史博物館研究員・講師
料金 1回 1,500円
※予約不要 開催日当日の開演時間までに、サールナートホール2階にお越しください。
※開催が流動的となる可能性があるため、セット受講はございません。
主催 宝泰寺
共催 花園大学
お問合せ 054-273-7450
 チラシPDF 下半期京都学チラシPDFはこちら 

講座日程

2021/
10/16(土)
「吉田初三郎が見た妙心寺 -パノラマ鳥瞰図の世界-」
講師 花園大学歴史博物館研究員・非常勤講師 志水一行氏
2021/
11/20(土)
「洛中洛外の禅寺めぐりー臨済禅の展開にふれて-」
講師 花園大学文学部教授 福島恒徳氏
2021/12月 休会
2022/
1/15(土)
「京都嵯峨野大覚寺の障壁画」
講師 元国立文化財機構主任研究員、神戸大学講師 山下善也氏
2022/
2/19(土)
「京都禅寺襖絵をめぐるー美術全集に書いてないことー」
講師 花園大学文学部教授 福島恒徳氏
2022/
3/19(土)
「最澄:生涯と思想」
講師 花園大学文学部教授 師茂樹氏